今、社会問題となっているのは、教育格差です。

企業における社員教育

親の貧困と子供の教育の関連性

企業における社員教育 今、社会問題となっているのは、教育格差です。特に親が貧困層である場合は資金不足により、意欲のある学生が進学をあきらめるケースがあります。たとえば、高校への進学を決めたものの、生活を助けるためにアルバイトをします。しかし、授業後のアルバイトだけでは生活資金が足りないので、授業がある日中もアルバイトをすることになります。その結果、出席日数が足りなくなり、学習についていけなくなったり、中退してしますというケースです。

学習意欲のある学生の進学をサポートするための、奨学金制度というものがあります。しかし、教育についてお金が必要となるのは進学時だけではありません。受験料や受験前に学生がアルバイトをせず勉強出来るようにするための資金など、進学前にもお金は必要となります。進学前も進学をする前の受験料や学習時間を確保するなどの、就学前のサポートが必要であるという議論も行われています。今後の社会は、その家庭の状態に合わせたサポートを行う事で、教育格差は解消されていくことが予想されます。

Copyright (C)2018企業における社員教育.All rights reserved.