子供の時に、学校で教育実習生が自分のクラスに来たという記憶のある方も少なくないでしょうが、それは教師を目指す人にとって、避けて通る事の出来ない道という事が出来ます。

企業における社員教育

教育実習をする時のポイント

企業における社員教育 子供の時に、学校で教育実習生が自分のクラスに来たという記憶のある方も少なくないでしょうが、それは教師を目指す人にとって、避けて通る事の出来ない道という事が出来ます。大学の教育学部などでいくら学んだとしても、その知識を実際に生徒たちを教える際に活かす事が出来なければ、立派な先生として活躍をする事は出来ないからです。それでは一体、教育実習をする時にはどのようなポイントに注意すれば良いのでしょうか。

まず一番に心に留めておきたい事としては、子供たちの名前を出来るだけ早く覚えて、性格なども把握してあげるという事です。子供というのは非常に敏感なものなので、先生が自分に関心を持ってくれているのだという事が分かると、やる気もアップしますし、素直に言う事を聞いてくれることにも繋がります。それは実習を行う上では必要不可欠な事と言えますし、楽しく生徒たちと時間を過ごす事にもなります。そんな関係が出来上がれば、学ぶ姿勢もよくなりますし、話す内容もしっかりと子供たちに響くわけです。

Copyright (C)2018企業における社員教育.All rights reserved.