念願かなって第一子を授かったお母さんの中には、毎日が忙しくて大変だという反面、愛するわが子との時間が幸せでたまらないと感じている方もあるかもしれません。

企業における社員教育

幼児期の過ごし方〜教育的観点から〜

企業における社員教育 念願かなって第一子を授かったお母さんの中には、毎日が忙しくて大変だという反面、愛するわが子との時間が幸せでたまらないと感じている方もあるかもしれません。赤ちゃんのうちは子供とお母さんが、密接な関係である事は大切な事とも言えますが、だんだんと子供が成長をしてくる上では、それはむしろ子供にとってマイナスな要素となる事も否めない事実です。

それはどのような事かというと、子供にとって社会性を身に付けながら成長していく事は、大人になってからの人間性にまで影響を与えうるほどの重要な事項とも言えるからです。ですから、小さなうちから保育園に入れたり幼稚園に通わせたりする事が大切と言えます。確かにお母さんと一緒の時間の方が、守られているという安心感を持つ事が出来、欲しいものは何でも手に入れる事が出来たり、愛情を独り占めできるというメリットがあるかもしれません。しかし、他の子供たちと一緒に過ごす時間の中で、様々な感情を持ち、もまれていくため、それはかけがえのない精神的な教育という事になり、人間性を高める事にも大きな意味を成します。

Copyright (C)2018企業における社員教育.All rights reserved.