親が子供の教育を失敗したという場合に、子供の扱い方、育て方がわからずに失敗したという場合が多いようです。

企業における社員教育

子供の教育での勉学や社会の体験

企業における社員教育 親が子供の教育を失敗したという場合に、子供の扱い方、育て方がわからずに失敗したという場合が多いようです。自分を振り返っても、親が自分の個性を生かし切った教育者ではなかったことがわかります。肉体的には大人にしてくれましたが、精神的な人生の先輩としては不十分だったということが、過去を振り返ってみるとわかります。親も子供の教育では、学ばなければならず、努力をしなければならなかったということでもあります。

案外、親も自分を中心に生きてしまい、親身になって子供の将来のために尽くしたという体験をせずにいつの間にか時間が過ぎてしまったということもあります。親子は本来上で結ばれて、こうあるべきだという理想像がありますが、実際は、それぞれの家庭で価値観も違い接し方も違います。その上で子供のために親子が協力して未来を拓くのが親の役目でもあります。子供もそんな親を期待しています。愛情も必要ですが指導者として道を示す姿も期待しています。

Copyright (C)2018企業における社員教育.All rights reserved.